丸に五瓜唐花

  • Photo

I♡優ちゃん

  • 『○○大好き』ブログパーツ

オリンピック2020

  • Photo

G小軍の力作

  • glass-heart
  • クジャクサボテン

世の為、人の為

のんびり、豊かに

無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の投稿

2017年5月31日 (水)

5月の庭の花 第2弾

毎年咲いてくれる花、いつの間にか無くなった花もあります。
代わり映えのしない庭の花たちですが、
よろしかったらご覧下さい。

2017年5月23日 (火)

睡蓮

江戸川区の小岩しょうぶ園に行きました、
江戸川の対岸 河川敷にあります。
さすがに菖蒲はチラホラで、cameraを首から下げた男性から、
「あの~ 菖蒲は終わっちゃったんでしょうか」って聞かれたくらい・・・happy01

その代わりに 睡蓮がとっても可愛く咲いていました。

2017年5月21日 (日)

ローズフェアー

市内里見公園のバラ園が見事です、
昨日はローズフェアーが開催されました。
人混みが嫌なので今日 30度越の中行ってきました。
ご覧下さい、美しく着飾ったバラたちですhappy01

2017年5月18日 (木)

人と熊 去年の新聞から

去年春 熊が冬眠から覚めた頃 山菜採りの方が熊に襲われて亡くなったり怪我をされたりした事故がかなりの件数報道されましたね。

熊の住処近くに人が住んだり、山の実りが少なかったりと、

人にも熊にも事情は色々ありますが十分にご用心して欲しいと思います。

人と熊 間合いが肝心

 

                 読売新聞日曜版「Cafeタイム」より転載

 木道の脇の水芭蕉の群落。

 の季節が過ぎ、大きく伸びた葉が食いちぎられている。この夏(nyar-nyar注:平成28年)久しぶりに訪ねた尾瀬で、活発に動き回る熊の痕跡を見た。

 

 群馬県側の入山口「鳩町峠」(片品村)から尾瀬ヶ原に向かう道は、1時間足らずで湿原に到達できる家族連れにも人気のルート。7月以降、40件近い目撃情報があるエリアを、赤ちゃんを抱いた若い夫婦や、軽装で手ぶらの親子連れが談笑しながら行き過ぎる。

 

 今年(nyar-nyar注:平成28年)は東北地方を中心に熊の目撃情報が多い。秋田県では5月から6月にかけて計4人が熊に襲われて死亡。8月には福島県北部で2人が襲われてけがをした。熊と人との距離の近さがいつになく気にかかる。

 もうすぐ実りの秋(nyar-nyar注:平成28年)。この時期は熊も人間と同様、食欲が増すらしい。

飲まず食わずで5か月も穴籠りする冬を控えている。クリ、ヤマブドウ・・。必死で食べまくる。

特に脂肪分が多いブナの実は熊の大好物だ。

 

 ところがこのブナが熊の思うに任せない。豊作と凶作を繰り返す。毎年同じ量の実をつければ、熊のようにブナを食べる動物は、実を食べ尽す水準で個体数が安定してしまう。ブナは子孫を残せない。 だから凶作で動物を減らした後、食べきれないほど実を付け、子孫を残す。

 

 ブナの戦略にはまった熊は哀れだ。ブナ以外の食べ物で栄養を補おうとするが、ブナ依存度が高い地域では容易ではない。夏に交尾したメスは受精卵を子宮壁に着床させずにおく。秋に十分な栄養がとれなければ、着床を見送る「着床遅延」と呼ばれる能力も身に着けた。厳しい環境を生き抜いてきた進化の道筋が見える。

 

 早稲田大学の三浦愼悟教授(動物管理学)によると、冬眠の前後で熊の体重は約2割も減少する。三浦さんが「人間なら間違いなくドクターストップがかかる」と言う危険な絶食期間。その間、妊娠したメスは出産し、授乳までするのである。

 

 ブナが凶作の秋と熊が冬眠から覚めた春先、空腹感は頂点に達するが、熊のメニューに人間の文字はない。襲われて亡くなる人は例年2人程度。蜂に刺されて毎年20人前後がなくなっているのと比べれば多くない。熊の襲撃のほとんどは、わが身を守る行動の延長線上にある。

 戦後、熊の被害が増えた時期が2回ある。1回目は1960年代末に増え始め、70年代末をピークに減少に転じる山で、2回目は90年代末から増え、現在に続く傾斜。1回目は奥山のブナが伐採され、スギやヒノキに置き換わった時代と連動する。

 

 熊にとって食料がないスギやヒノキの森は砂漠に等しい。だから行き場を失った熊が人里に下りて来た。では奥山開発が落ち着いた現在、被害が多くなっているのはなぜか。専門家も明確な答えを見いだせずにいる。

 

 雪深い越後の自然と風俗を記録した江戸後期の文人、鈴木牧之が「熊は和獣の王、猛くして義を知る」と書いている(『北越雪譜』)。先人たちは熊を狩りながら、畏れ、敬った。熊はむやみに人を襲う猛獣ではないが、かといってかわいいだけのぬいぐるみではない。備えを怠り、間合いを詰めすぎれば、いこの可能性は高まる。

 

 尾瀬に入った前日は、福島県只見町のブナ林にいた。田んぼの脇の小さな森。林床に今年芽を出したブナの「実生」が顔をのぞかせている。幹に残る熊の爪痕に手のひらを重ねる。

森は熊の領域なのだ。

 緊張感を持って共存していくほかない。私たちは1国に2種類の熊が住む国に生きている。

2017年5月15日 (月)

ブログのお友達から

ブログのお友達から手彫りを頂戴しました。
少しだけ欠けたりしたものだそうで、手直しして送って下さいました。

何年か前には箱一杯の猫たちを「焚き付けにして下さい」と戴いたことがあります。
こうしてそばに置いておくと今にも動き出しそうです。

012_4 Dsc_0026_3このまま ここに置いておけば!
とは 夫の言葉ですが・・・

Dsc_0027_2 これもブログのお友達から、ご自宅で栽培された新茶です。
今年も送って下さいました、ご馳走様です。

2017年5月13日 (土)

MOTHERS DAY

Collage10_2 嬉しいプレゼント💐

病気知らず、薬不要の私だったのに

去年発症した眩暈💫 今ではほとんど気にならなくなりましたが、

薬(血流を良くする)はまだ続けています。

最近では☺右半分の三叉神経痛(顔面麻痺する神経痛とは違うそうです)、

これも薬が効いてかhappy01時間が過ぎたせいかgood快くなってきました。

孫のDsc_0019 優ちゃんと遊ぶためにも元気で居たいものです。

2017年5月11日 (木)

こどもの日

015_2 014 018公園で待ち合わせ!
もう色んな事が出来る優ちゃんです。

023_2 021相撲の着ぐるみで撮影していました(もしかしたら、新郎新婦sign02)、結婚式のパフォーマンス用ですって!
真っ黒ワンちゃん背中が熱いとお腹を冷やしていますhappy01

Dsc_0020_2 Dsc_0019 着替えしてお昼寝してサッパリの優ちゃん
こどもの日にpresentした4輪車 乗れるようにね!

2017年5月 6日 (土)

5月 初夏の庭

特別珍しくも無いですが、毎年季節が巡れば芽を出し花を咲かせてくれます。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

節電うちわ

  • P11406841

紫陽花

tarda's HP

  • Banner_edited1_2_1
    HPはありません(/_;)
フォト

love♥

  • >Photo

    パンくんの今
  • P1180411
    ぎんくん、こうめちゃん
  • Dsc_0125

    パンくん
  • 浜辺の月様作
    トゥエルブ 浜辺の月様の作品
  • Pata

    パタ シャイな私
  • 在りし日のターダ
    ターダ 20歳まで生きました

山口祐一郎

  • E819c9e748cd4c8540f402dcedc5599f

レ・ミゼラブル

  • Photo_2
  • Photo

PHANTOM of THE OPERA

  • Photo_2

イチロー選手

  • Photo

    ICHIRO4000.jp
  • >Imagejpg

北島康介オフィシャルサイト

  • http://www.kitajima-kosuke.com/

nakata net

  • Logonakata_net

季節巡り~♫

  • 120619_070650_2
    孔雀サボテン白
  • 江戸川の河津桜
    江戸川の河津桜
  • 枝垂れ咲ビオラ
    枝垂れ咲ビオラ
  • ゴールドファセード
    蔓バラ ゴールドファセード
  • 月下美人
    月下美人
  • 孔雀サボテン
    孔雀サボテン 赤
  • 孔雀サボテン
    孔雀サボテン ピンク
  • 四季咲バラ
    四季咲バラ
  • ハイビスカス
    ハイビスカス
  • ノーゼンカヅラ
    ノーゼンカズラ
  • ガラスのキノコ
    七人の小人が隠れて
  • 09,11,15湯西川
    モミジの絨毯